月別アーカイブ: 2006年1月

モバイルSuica

28日よりサービス開始のJR東日本モバイルSuica
モバイルSuica対応の携帯電話とViewカードを持っている必要があり、若干ハードルは高いサービスですが、ちょうど両方とも持っているので早速試してみる。
というわけで、以下備忘録代わりの体験記のはじまり~なお、私の携帯はDoCoMoのP902iなのでauユーザの方は参考にされる際は適宜読み替えてください。大きな違いは無いはず…
・導入編
使用前に必要な作業は以下の通り。
(1)モバイルSuica会員登録
(2)iアプリ3本のダウンロードと設定
紛失時にカード残高・定期券情報を保証した上での再発行をしているので、会員登録時には氏名・住所・電話番号などの個人情報とモバイルSuicaに紐付けするViewカードの情報が必要。JR東日本のWebサイトでモバイルSuicaの仮会員登録を受け付けており、そこで情報を登録した場合携帯電話での入力事項がぐっと減ります。(あくまでも仮会員登録なので、最終的には携帯電話での操作が必要)
会員登録完了後に指示通りにiアプリ3本をダウンロードし、起動するとモバイルSuicaが使用可能となる。
Suica定期券を持っている人はこの時にモバイルSuicaに移行させることができますが、私は敢えて移行しませんでした。(出かけるときに時々携帯を持って行くのを忘れる人なので…)
・使用編
【チャージ】
チャージは現時点では登録Viewカードでの決済(iアプリでのチャージ機能を使う)またはチャージ対応のNEWDAYS・ファミリーマートでしかできません。券売機やViewのATMはカードスロットしかないので物理的に入らないし。カード決済時は一応パスワード認証があり、電波が届く範囲内なら電車の中でもどこでも可。
【タッチ】
改札・Suicaグリーン券・電子マネーと一通り試してみましたが、普通のSuicaカードと特別な違いは無し。但し、タッチするのはカードではなく自分の携帯電話なので、叩くようにタッチする癖のある人は直しておいた方がよろしいかと思います。
携帯の電源が切れていてもSuica決済はOK。
・感想
想像していたよりは普通に使えるなと感じました。Suicaグリーン券が携帯で買えるのは非常に便利です(ホームで突然普通列車のグリーン車に乗ろうと決めて券売機探しまわった覚えありません?)。確かに便利は便利なのですが、私の場合全て携帯に統合してしまうと色々不都合が生じるので(紛失も2回やってるし>携帯 2回とも無事発見されましたが)、メインはSuicaカードのままで行くと思います。SuicaカードはView Suicaカード(クレジットカードのViewカードにSuicaの機能を追加した物)定期券機能付きに移行する予定。
あと、EdyとSuicaのカード2枚持ち歩くのが面倒な人は携帯一つにまとまられるので便利かも。

新しいノートPC

もう先月のことですが。安かったのでレノボショップで思わずぽちっと。
ThinkPad
ThinkPad X32
そろそろYonahが出てくる頃(今、開催中のCESで発表されたようで>新機種)なんですが、最初のうちは人柱状態だろうし、Yonahの次の世代になって環境や価格がこなれた辺りでまた買い換えればいいやと、決断。
届いた当日に早速80GB HDDに換装し、快適に使用しております。USB2.0や無線LANが標準で付いてるっていいねぇ。

IT安全祈願

200601041911000.jpg
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
昨年の11月中旬からちょっとバタバタしていまして、あんまり新年を迎えたという実感がわかないのが正直なところです。(バタバタしていた理由はもう少しすると書けるかな?天の邪鬼な性格なもので書かないかもしれませんが。)
本日は神田明神にお参り。神田明神といえばやっぱりこのIT安全祈願のお守りでしょう。
昨年は同僚の担当サーバがさっぱり妖精に取り憑かれた如く次々と不幸な目に遭っていたので、このお守りを押しつけさせていただきました。(御利益があったかというと…かなり微妙なんですが。)
今回は姉夫婦宅に納入するPCに貼るために入手。(未だにCeleron550MHz@Win98SEのマシンを使い続けているので会社放出品をベースにメモリ・HDD・USB2.0辺りを増強して提供)
さて、このお守りは役目を果たしてくれるかな?