月別アーカイブ: 2006年5月

一将

一将
こちらもこちらのかた触発ネタ。というか、私の地元のうどん屋なんですが(笑)。
昨年末から、バタバタしていてずっと行きそびれていたので久方ぶり。
これはゴマだれうどん。ラー油のアクセントがゴマだれに合ってとても美味。

うどん放浪記 in 東村山

はい、そこ、志村けんの古い歌唄わない!
こちらのかたに触発されて、武蔵野うどん本拠地東村山界隈のうどん屋巡りを敢行。
5/2
まずは「きくや」本店を目指して東村山駅から歩く。ちょっと距離があるのは分かってはいたけれど、腹ごなしにちょうどいいかなぁと(と行く前は思っていた)。
目的地付近まで来たのに目印の消防署が見あたらない…おいおい西武多摩湖線武蔵大和駅まで来たぞ。
いくらなんでも行き過ぎなので、携帯で地図を参照。交番と消防署の地図記号を読み違えていたことが判明(笑)。…小学生からやり直すか?>ぢぶん
気を取り直してなんとかたどり着いたものの、既に売り切れ終い。ちょっとショックでバスで東村山駅まで戻る。
何も食べずに帰るのも、もったいないので駅から近い「とき」に行く。
とき
肉汁うどん ばかもり(大盛りの更に上)。この上の「ばか王」もあるのですが…隣の席に運ばれたそれを見たときに決して頼むまいと思ったとさ。
どっしりとした食感のうどん。うまいのだけど、腹持ちが良すぎて自宅に帰ってから、のたうち回るのであった。
「気をつけよう。自分の歳と食べ物の量。」(おそまつ)
きくやにリベンジを(勝手に)誓いつつ、東村山を後にしたのでした。
5/3
で、早速リベンジ(はやっ)。
現実的な計画に立ち返り、東村山駅周辺で食べ歩き。
きくや
化成小学校近くの「きくや」支店。
3L(スリーエル)肉汁。天ぷらはデフォルトです。ラーメン次郎並みの注文方法の判りにくさですがおばちゃんに聞けば教えてくれます。めんの量は変えられるのですが、3L辺りが標準的かなぁ。
「とき」に比べると、柔らかめに仕上がったうどん。
野口製麺所
次に向かったのは「野口製麺所」。
製麺所である。しかも、武蔵野うどん本拠地にありながら「さぬきうどん」の店である。これは期待せねばなるまい。
期待に胸をふくらませながら、向かうと…この畑が点在する住宅地に忽然と店が現れるのはまさしく製麺所スタイル。しかも店は民家の1F部分だぁ! 天ぷらもおでんもおにぎりもセルフだぁ!
天気の良い日だったので、ぶっかけを注文。
うまい。とっても真っ当なさぬきうどんである。晴れ渡った良い天気で店の中を心地よい風が吹き抜けていたこともあってとても気持ちのいい食事であった。(外にも席があるのだが、そこは満席であった。そりゃそうだろうなぁ。)
旨い物を食べた後は気持ちが良いもので、野口製麺所近くの公園で菖蒲園なぞを散策したのであった。
(この辺は「となりのトトロ」の舞台になるほどのド田舎である。)

立喰師列伝

立喰師列伝
ちょいと前になりますが、渋谷シネクイントにて鑑賞。
久々にシネコン以外の映画館行きました。シネコン慣れしている客ばかりになってしまったせいなのか、入場券買うときに座席指定制じゃないとか細かい説明が多いこと。
あ、あれは鑑賞前からしつこい能書きに客を慣れさせるための策略だったのか?
押井節全開な映画。

続きを読む