月別アーカイブ: 2009年6月

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

エヴァンゲリオン
(写真と文章は一応関係あるはず(笑))
公開初日レイトショーでの鑑賞ですが…Web予約で席指定して本当に良かった。
地元のシネコンのメインシアターが満席になるの初めて見たよ(笑)。
(それはそれで経営上はいかがなものかと…)
朝早いので感想などは後ほど。
(追記)
旧作とはストーリー変わるよとは言われ続けてきましたが、いい方向で変わってくれたなと言うのが第一印象。
旧作よりも万人向けの判りやすい話になっていたかと思います。

登場人物の立ち位置を変えたら、いろいろな意味で優しくなった。っていう感じかなぁ。
顕著なのはシンちゃんとレイ・アスカの3人なんだけど。とってもフレンドリー(笑)になっちゃって。
そのおかげで終盤の各キャラクターの動機付けが判りやすくなった(いささか強引な部分もありますが)のは鶴巻監督の手腕かなぁと思います。
旧作の悪夢にうなされた一人として、とにかく観ていて気持ちよかった。てなことを言うと、Qで落とされるのかも知れないけど。でも、(今のところ)アスカは不幸になっちゃうのね…
ストーリーは旧作とはっきり違う方向に舵を切ったわけで、新キャラのマリとラストで意味深な登場の仕方をしたカヲル君(「『今度こそ』幸せにしてみせるよ」って、あーた)も含めて次回作が楽しみ。ただ、次回こそDLPマスター作ってくれないかなぁ? もう、フィルムの限界まで来ていると思うんだけど。
(戯れ言)
マリって典型的な肉食系女子だよねぇ(笑)。
典型的草食系男子のシンジ君を食べちゃう同人誌があったら、買いに行きます。
(今度の夏で出ていそうだけど。)